使わなくなった携帯電話は買取

不要になった携帯電話やスマートフォンは買取依頼が可能

新しい機種に交換した際に、古くなった携帯電話やスマートフォンの処分の仕方に迷う方も多いでしょう。携帯キャリアに回収してもらうのもいいかもしれませんが、携帯買取専門店に査定を依頼すると思わぬ値段で売却できることがあります。

どのような機種でも買取してもらえるのか

古くなった携帯の機種でも、使用に耐えうる状態であれば買取が可能になります。経年劣化による小さな傷であれば、多少買取価格に影響が出ることがあり、安価な価格で査定されるでしょう。
しかし、大きな傷や塗装の剥がれなどがなく、画面が割れていることがなければ、携帯買取専門店で査定に応じられる可能性がありますし、ひどい傷があっても、携帯機種の修理に対応している店舗である場合、修理用の部品として買取取引している場合もあります。
携帯買取店では、古くても操作性が良く、丈夫な機種が人気となっています。新しいスマートフォンと携帯電話と2台持ちして、通話料を節約したり、仕事用と私用に使い分けしたりする方もいますので、中古の携帯電話の需要が高まっています。諦めずに携帯買取業者に問い合わせてみるといいでしょう。

持ち込みできる店舗はどこ

携帯買取をしている路面店は、携帯電話の修理業や、中古品やリサイクル品を扱っている店舗が多いです。しかし、最寄りにない地域も多いでしょう。インターネットのショップサイトでも、携帯買取の専門サイトが多数あります。
安心して取引できる業者は、都道府県から出されている古物商の認可を受けている所が目安になります。実店舗なら、証明書を提示していますし、サイトであれば許可証の番号を記載しています。
中古の携帯機種に記憶されている個人情報の扱いで、漏洩防止の認証を受けている所であればますます安心です。業界の認定を受けている店舗は、機種を初期化した後に、データが復元されないように専用のソフトを使って処理をすると認められている場合があります。
サイトで詳しく説明されている所や、取引の際に店頭で通知がある所は、ほぼ問題がありません。

持ち込みをする前に注意すること

まず、中古品の売買は未成年者は契約ができないので、20歳になっていない方は保護者に代行してもらう必要があります。免許証などの提出で確認しますので、年齢の詐称はできません。
携帯買取の持ち込みをする前に、携帯の機種に入っているsimカードが抜かれているか確認し、アドレス帳や写真等のデータをSDカードに保存しておき、消去するようにしてください。パスワードや設定も全て外し、初期化して購入前の状態に戻しておきましょう。携帯買取店で一通りの消去作業ができる場合がほとんどですが、用心のために予めできる作業は全て行ってください。
買取手続きをする機種の代金の支払い漏れや、通話料の未払いがないか確認して買取手続きをしなくてはいけません。未払い分があると、その機種に通信制限がかかり、使えない状態になります。次の所有者や携帯買取店に迷惑がかかりますので気をつけましょう。