携帯買取を活用しよう

携帯電話を売る前に

新しい携帯を購入し、古い携帯はもう使うこともない。お金になるなら売ってしまおう、と考えている人もきっと多いはずです。
今回は、店頭での携帯買取の際、どうすればスムーズに買い取ってもらえるか、少しでも高く買い取ってもらえるかを紹介します。

その携帯は動きますか?

例えば、そのケータイが何年も前のもので、しばらく押し入れや引き出しの中に眠らせていた李、何年も電源をつけていない場合、このステップがとても重要になります。
店頭で携帯買取してもらう際に、動かなければお店はもちろん高額では買い取ってくれません。運が良くても、ジャンク品扱いとなり、買ったときは数万円したものでも、ほんの数百円で買い取ってもらえるかどうかになります。
もし充電器を指しても充電ができなかったり、充電しても動かなかった場合は、おみ線維持っていくより、フリマアプリで売るほうが高く売れることが多いです。だいたい1000~2000円、人気があったモデルだったり、型が新しければもっと高く売れることもありますので、まず動くか確かめてください。

付属品はそろっていますか?

たとえば、取扱説明書や、充電用のコード、ワイヤレスの充電器なら、充電するための台、購入時に本体が入っていた箱などがあると、店頭で携帯買取してもらう際に、減額されにくいです。
このほかにも、イヤホンや、USBコードなど、携帯の機種によっては付属品が異なりますので、自分の携帯の付属品が何か忘れてしまった方は、ネットで調べてみるといいかもしれません。
取扱説明書や箱が少し汚れていて、持っていくか迷った際は、一応持っていきましょう。一緒に買い取ってもらえる可能性はまだあります。著しく汚れや破れがひどい場合は、持って行かなくていいと思いますが、じぶんで判断に困ったら、とりあえずすべて持って行ってみましょう。

お店で売るメリット

「フリマアプリで売るほうがいいかもしれない」とも書きましたが、店頭での携帯買取にももちろんメリットがあります。
お店で買取をしてもらう際には、初期化ももちろんしてくれますし、買い取ってもらった携帯で何らかのトラブルが起きないように、事前にチェックしてくれます。
フリマアプリで自分でうるさい、どうやって初期化すればいいのか、そもそも個人情報は漏れないのか、機械に弱い人には少し難しいし、不安な点も多いかと思います、
しかし、お店での携帯買取はその道に詳しい人が買取を行ってくれますので、わからないことは聞けば教えてくれますし、また、買い取ってもらえなかった場合、「なぜ買取ができなかったのか」も教えてくれます。
安全性やトラブルを防ぐには、お店で売るほうが良いです。